いろいろ試した結果、最終的に落ち着いた商品を紹介する

ハムスター飼育に必要なモノはたくさんある

ハムスターは揃える小物が多いです。※文鳥やレオパと比較

消耗品も多いです。ランニングコストで考えると、実は一番お金がかかっています。そして床材ひとつとっても、いろんな種類のものがあるので、その中から何を使うか選択していかねばならない。自分のお気に入りを見つけるまでが結構大変でした。

我が家にはジャンガリアンハムスターとキンクマハムスターがいます。消耗品は共通で使用中ですが、用品は体のサイズに合わせて選んでおります。そんな我が家の場合をご紹介。

飼育用品なに使う?

①ケージ

キンクマきなこのお家は、ルーミー60を使ってます。お値段8500円くらいだったかな?なかなかいいお値段です。しかもルーミー60は本当にケージだけ単品で売ってるので、細かい用品は別途買いそろえました。

蓋が真ん中で上下に外れるので、お掃除などはしやすいです。大きさはけっこう大きくて、横幅が60センチ、奥行きが30センチあります。きなこは部屋んぽをしないので、ずっとケージにおりますが、特に外に出してなどのアピールもなく平和に過ごしています。うちのきなこに限るかもしれませんが、あまり活発ではないのでルーミーの中だけで十分らしいです。あと透明なのがいいですね。観察しやすい。

ジャンガリアンハムスターのケージは、ルーミーピンクです。お値段4500円くらいだったと思う。こっちは、回し車とか含めてのセット商品でした。使い勝手を考えて、けっきょく自分で100均とかで揃えましたが、回し車とか、水入れが最初からついてるのは有難いです。おこめちゃんは活発なので、別売りのパイプと砂浴び部屋を追加しました。けっこう行き来して遊んでいます。可愛いです。

ルーミーピンクは、ちょうどハムちゃんがいる部分が薄く色がついていて、ちょっと見づらくなるのが不満点。でも今は、全部クリアのも売ってた気がする。これも上下に蓋が外れるので、お掃除はしやすいです。

②回し車

ルーミーピンクの方は、付属品の回し車がついてきたのでそれで事足りる。キンクマきなこの回し車は、自分で用意しました。サイレントホイール21です。お値段1800円くらいでした。

わりと大きいです。ケージの中での存在感でかめです。サイレントホイールもサイズがいろいろあるので、最初は悩むと思います。お迎えしたてなんて体も小さいですしね。でも大人になってくるとやっぱり21でちょうどよかったなって思う。

③水入れ、エサ入れ

ルーミーピンクは付属で両方ついてきました。水入れは吊り下げ式のやつ。付属の餌入れは大きかったので、ダイソーで適当サイズなもの買ってきました。安定感のある適度に重さがある陶器のものがいいと思います。

キンクマきなこは、吊り下げ式の水入れから上手に水が飲めない子だったので、置き型の水入れをつかっています。最初陶器のお皿?ダイソーで買ったやつ使ってたんですけど、床材とかいろいろ入り込んで汚くなってくるので、専用の水入れを買いました。

トイレみたいなやつです。お値段は1500円くらいでした。これも陶器で重さがしっかりあるので、ハムちゃんが乗っかても倒れたりせず安心です。エサ入れは、2匹とも100均のお皿です。

④トイレ

ジャンガリアンおこめは、ダイソーのお皿を使ってます。深めのやつ。キンクマきなこは、ゴールデンハムスターの快適トイレっていう専用商品です。お値段1000円くらいでした。

⑤砂浴び容器

キンクマきなこはダイソーの深めのお皿です。ジャンガリアンおこめは、別室のジョイントバスハウスを用意したので、お値段2000円くらいだったと思います。

⑥巣箱

キンクマきなこは、ハムちゅぐらっていう商品を使ってます。お値段500円くらいです。これはもう破壊されるの前提なので、ボロボロになったら買い換えています。消耗品です。最初は木箱を使っていたのですが、中でおしっこしてしまったり、齧りまくってボロボロになっていくので、気軽に買い替えできる値段のものに変えました。中でおしっこしてしまうと、匂いがけっこう取れなくて。きなこ的には自分のニオイがついて安心なのかもしれませんが、人間的にはけっこう困る。

ジャンガリアンおこめは、どこででも寝るので、あまり活用してくれていませんが、素焼きのキノコはうすを使っています。お値段500円くらいです。

⑦季節商品

基本的に夏と冬は24時間エアコン管理なのですが、いちお季節的なものも用意しています。

夏はひんやりプレート。冬はパネルヒーターです。夏のひんやりグッズは2匹ともあんまり使ってくれていませんが、冬のパネルヒーターはけっこう必須なのかも?だいたいパネヒの上でぐてーんって伸びています。暑くなったら自分で移動して寝てるので、あった方がいいのかなって個人的には思っています。

⑧かじり枝とかおもちゃ的なもの

あってもなくてもいいかもしれませんが、定期的にかじり枝はあげています。ストレス解消に。あとトイレットペーパーの芯とかです。

用品だけでざっとこれぐらいあります。けっこうお金かかります。ハムスターは初期投資が一番でかかった。

あとケージ飼いする子たち全般に言えることですが、けっこうケージ置く台とか棚とかで困ってくると思います。場所の確保が。

ハムスターケージを置く台には、今はテレビ台を使っています。長さ100センチ程度あるので、並べて置けます。ただ、近々もう1匹増えるかもしれないので、そうなってくるとマジで困る。どうしようかなーって今から考え中です。床に直置きはあまり推奨されていないので、何かしら高さを出してあげたほうがいいと思います。

消耗品類を紹介する

ここからは日々消費されていく商品です。ハムスターはランニングコストも、文鳥やレオパと比較するとかかります。

①床材

ふわふわベッドです!お値段500円くらい。ハムスターグッズは、基本的に全部通販で買ってます。1か月分のまとめ買いです。店舗販売より全般的に安く手に入ります。

床材はいろいろと試しましたが、我が家はこれに落ち着きました。もっと安い商品もたくさんあるのですが、手でほぐず必要があったり、ホコリがものすごく出たり、鋭い木片が混ざっていたり、クオリティーは様々でした。

このふわふわベッドは、まとめ買いすると場所を取るのですが、一番使い勝手がよろしかった。細かい粒子みたいなホコリがあまり出ないのが、掃除する時にラクでいいです。あとハムズは潜って埋もれるのが好きなのですが、ふわふわで潜りやすそうでそれも良い点でした。潜るのが好きな子たちなので、惜しみなく消費するため、1か月で2袋くらい消費します。

②トイレ砂と砂浴び砂

両方ともだいたい200円くらいです。砂浴び砂は細かいのがよさそうです。よく転げまわって可愛いです。トイレ砂は固まらないタイプを選びました。きなこがとにかくトイレの量が凄いので、しょっちゅう砂を交換しています。なので消費量半端ない。こまめに換えないと、けっこうおしっこはニオイが凄いのです。

③餌

ハムスタープラスのダイエットメンテナンスっていうやつをあげています。400円しないくらいです。1か月で2袋使います。あまり美味しくはないようで、仕方なく食べてる感じはします。でも健康には良さそうです。ジャンガリアンのおこめちゃんは、めちゃくちゃ太っていたのですが、この餌だけあげてたらダイエット成功しました。

あと定期的に葉物野菜とか、人間の余りものをあげています。

④おやつ

お豆腐は2匹とも大好きです。ひまわりの種はたまーにあげます。ハムグラも好きなので、常備。この辺あげるのが、楽しみの一つです。美味しそうに食べてくれます。

ハムスターは必要なものが多い

文鳥とかレオパと比較するとですが、多い。ていうか、この2種がとりわけ少ないのかもしれませんが。

でもハムちゃんたちは、寿命がとにかく短いので、良いハム生を送らせてあげたいと思っております。自分が後悔しないためにもです。

よく子供の時に飼育してた時の思い出で、ハムスターは臭かったとか汚かったとかいう大人がおりますけれど、それは自分がきちんと世話してなかっただけやで。飼い主が気を付けていれば、綺麗に飼育することは可能です。

ただ、ハムスターはうるさいっていうのは事実だと思います。けっこう音は出ます!これはもう仕方ないですね。