初めての文鳥。初心者でも飼えました。飼い主の大事な友達です。

文鳥は最高の友達

ペットに鳥を飼ってる人って、どれくらいの割合なのでしょう。私は今まで、鳥飼いさんに出会ったことって、2人しかいないです。実兄と職場の友達。兄は白文鳥、友達はセキセイインコを飼ってました。

猫はアレルギーで飼えなくなったし、1人でも飼いやすい動物を探して鳥にたどり着いた。鳥の種類もいろいろ調べていたのですが、兄一家の「絶対、文鳥!!」という一声が決定打に。それまではセキセイインコを飼う方向でほぼ決めていました。

2020年3月に、シナモン文鳥の女の子をお迎えしました。こむぎさんです。

そして一緒に暮らし始めてからは、驚きの連続。

こんなに愛らしい生物がいるのかと。実は人間に作られたんではないかと思うくらい懐くし、行動も愛くるしい。

鳥は人との関係を、横で見るそうです。人間を上にも下にもおかず、対等の関係を築くそうで、なるほどなって思うことが多々ある。

犬ほど言うことは聞いてくれない。お世話をしてるからと無条件で懐いてくれるわけではないので、難しいことではないですが、こまやかな対応は必須です。ちゃんと自分を持ってるし、自己主張もすごいです。でも猫ほど気ままに動かず、こっちを常にちゃんと気にしてくれます。よく見ている、本当に。

ちなみに、ペット飼ってる?っていう話題で、文鳥ですっていうと、たいてい無反応。地味だねって言われたこともある。地味って。笑

ここぞとばかりに文鳥とのラブラブ写真を見せると、大抵みんな驚きます。こんなに懐くの?って。そうなんです、懐くんです。あの空を飛んでる鳥が、手の中で眠るんです。好き好きって追いかけてくるんですよ。もう最高でしょ。

文鳥はどんな鳥?

原産はインドネシアです。インドネシアのバリ島の固有種だそうですが、最近は暖かい国で野鳥化してる姿も見られるそうで、有名なのはハワイ!いつか見に行きたいな。

ちなみに神奈川県相模原にある麻溝公園では、文鳥パラダイスなるエリアがあります。大きいフェンス内で放し飼いにされていて、人も中に入れます。まだ未訪問なので、近々行きたいです。きっと永遠に眺めてられます。

スズメと同じフィンチ類。フォルムも少し似てますよね。

体長は20センチないくらいで、体重はだいたい25g前後が理想です。うちの子は25gです。良いサイズ感。

カラー

カラーバリエーションも何種類かありますが、うちの子はシナモン文鳥です。優しい色をしています。見てるだけで癒される。

ほかに白文鳥、ノーマル文鳥、ノーマルにぼかしが入った桜文鳥、シルバー文鳥、クリーム文鳥などがいます。派生でアルビノ、シルバーイノ、パイドなど。レアカラーほど、値段も高くなっていきます。

価格

最近はコロナ特需で値上がりしているので、相場が違ってるかもしれませんが、平常時だと2000円前後から雛が出ていました。

たぶん桜文鳥が一番安くて、白<シナモン<クリーム=シルバーくらいの順番で価格が上がってくると思います。ノーマル文鳥は店頭だともうあんまり見られないです。ほとんどが桜文鳥です。

うちの子は近所のショップで5000円でした。餌も大量につけてくれたのでビックリでした。

お迎え準備万全でいざショップへ。
床材はハムスターの。
ケージはレオパの兵長が初代使ってたやつ。
まだ肌寒いので、カイロ貼ってくれました。
大量の餌と、お湯に溶かす栄養パウダー付き。
寿命

鳥って、結構長いんですよね。文鳥は平均7~8年だそうです。実兄の白文鳥は8歳まで生きました。最近はますます長寿化してるようで、10年生きる子もまあまあいるようです。子供のお小遣いで買えるような価格で売られていますが、終生飼育が可能かしっかり検討することは必須です。

鳴き声

オスとメスで違うのかもしれませんが、うちの子はけっこうずっと鳴いてます。

ボリュームはそれほど大きくないので、隣室に響くほどじゃないと思いますが、朝から寝るときまでずっと鳴いてるので、もしワンルームで飼ってたら、うるさいと感じる瞬間もあったかも。

比較的大きい呼び鳴きもしますし、飼い主が無視してるとケージ床に置いてある止まり木をガシャンガシャン動かしてわざと騒音立てたりもします。頭いいです。

騒音立てた後、じっとこっち見てたりします。反応見てます。確信犯です。

ワンルームだったらちょっと辛いかもしれない。うちのこむぎさんの場合は。鳴き声も静かで飼いやすいって言ってるサイトも多々ありますが、あんまりそこ期待しないでおいた方がいいかもしれません。

性格

個体差がきっとある。一般的には、フィンチ類の中では気性が荒い方だそうです。ほかの種類の鳥と飼うときには、相性が悪いことが多々あるそうで、他にも飼いたい鳥がいたんですが、私はちょっと諦めてます。見た目あんななのにね。

実兄は白文鳥のオスを飼っていましたが、猫も2匹飼っていました。危なくないの?って周りから言われていましたが、猫より強いから大丈夫、とのこと。

猫より強いそうです。

うちの子はメスだからか、あんまり怒りません。警戒音出してうねうねはするんですが、嘴で突きまくってきたり、嘴ドリルとかそこまで激しい怒り方はあんまりしないです。性差もありそうですね。

病院は探しておこう

飼う前に、病院だけはリサーチしておいた方がいいです。鳥を見てくれる病院は少ないです。もしかしたら地元にないかもしれません。鳥さんは体調不良を隠す生物です。飼い主が気づいたときには手遅れの場合もあるようで、気づいてから病院探すのは危険です。

私は自分でこむぎの爪切りができない飼い主なので、定期的に病院で切ってもらっています。最初は爪切りもできずにお恥ずかしい…な感じで通院してましたが、今はむしろ良かったと思っています。

小さいときから病院で切ってもらっているので、先生はこむぎの体調をよく知っています。爪切りの時に簡単な検診もしてくれています。

あと一番良かったなって思うのは、こむぎが病院慣れしたことです。先生に捕まえられて保定されることにも慣れています。

病院へのストレス耐性が高まったのは、本当にもしも何かあった時に有利に働くと思っています。

手乗り文鳥の意味

私達からすると、手乗り文鳥って書かれると、手に乗ってくれるんだ!と思ってしまうんですが、販売側が意図するのは「雛」という意味だそうです。

そこからちょっと誤解が生じかねないんですが、あくまで手乗りに育てていくのは、飼い主です。「手乗り文鳥」で販売されてるからすべてが手乗りになるわけではないです。

もちろん性格もあります。手が苦手な子も中にはいると思います。手には乗らないけど、肩には乗るとか。手には乗るけど、握り文鳥はできないとか。餅になるのが見たいけど、そこまでリラックスはしてくれない、とか。

文鳥にも個性があり、好き嫌いが存在します。飼い主はそれを受け入れてあげる必要があります。強要するとますます手が嫌いになったり、逃げたり、懐かなくなったりすることもあるかもしれません。個体差が大きいのは、小動物にはよくあることかなって思います。

でも文鳥に関しては、ある程度は時間が関係性を変えていってくれる気がする。なので、手に乗ってくれなくても、握らせてくれなくても、早々に諦めてはいけません。

うちのこむぎさんも、雛の時は別として、1歳まではあんまり手の中でジッとしてくれるタイプではありませんでした。けっこう最近ですね、手の中に入れてくれ!ってねだるようになったり、眠るようになったのは。

今は好きに握り放題の握り文鳥です。

こむぎとの暮らし

雛から育てる醍醐味

子育てのような喜びがあります。私子供いないけど。

挿し餌が1日2回になったタイミングで、ショップから購入しました。生後どれくらいだったのかな。1か月前後かな。朝と晩の2回あげていたので、働いていたけどなんとか大丈夫でした。

最初は手ずからお湯でふやかした餌を専用の道具であげるわけです。それがだんだん1人でご飯食べれるようになっていき、最初はお腹で這いずり歩きくらいしかできなかったのが、そのうち立って歩くようになり、止まり木に止まれるようになり、飛べるようになる。

一つ一つできることが増えていくんです。もう見守る側は親の心境。

そして噛みつき放題のわからんちんの幼鳥から、物分かりのいい成鳥へとなる。もう、子育てです。

雛は30度保温が理想です。
目指していったら、こんなセットになった。

1人餌になってから10か月くらいまでは噛みつき魔。
甘噛みできるようになるまでは手袋必須でした。
1人餌にぜんぜんならなかった。

うちの子に限ったのかもしれませんが、事前に調べた通りには育ってくれませんでした。

挿し餌の卒業も、だいぶ遅くて、雛パッキンと呼ばれる嘴の白い部分がなくなりそうな頃にようやく1人でご飯食べるようになりました。1か月近くたぶん挿し餌してたと思う。

飼い主自ら、これご飯だよ!ってシードを食べる真似したり、最終的にYOUTUBEで文鳥がご飯食べてる映像見せたりしました。

このYOUTUBEがけっこう効いたのか、動画見せるようになってしばらくしてから、やっと自分で啄むようになったのです。タイミング的に動画のおかげとしか思えない。

体重が減ってないことをちゃんと確認して、晴れて挿し餌の卒業となりました。この挿し餌卒業できない問題が最初の悩みでした。

脚が弱い?フローリングで立てない

ホッピング歩きをするようになった雛時代、脚が弱そうな時がありました。フローリングなどのつるつるした場所だと、きちんと立てないのです。足が広がっていってしまう。指に止まらせてみても、右足にあまり力が入ってない感じがしました。

雛時代に脚が弱いことは、まあまああるようで、大抵は栄養不足だそうです。

餌の栄養粉の割合を増やして、欲しがるようなら昼間もご飯あげるようにしたりしました。成長とともに、きちんとフローリングでも立って歩けるようになりましたが、けっこう心配しました。

地べたが好き

事前情報を見てると、地面に近い場所にいるときは調子が悪いときって書いてあって、私は最初はすごく心配だった。

病院つれていくべきかと悩んだほどでしたが、これも個体差ですきっと。

うちの子は健康体ですが、それでも地べたに腹ばいで寝てることあります。あんまり情報に惑わされずに、その子をきちんと見てあげるのが大事かなって思います。普段と様子が違ったり、羽が膨らんでいたり、呼吸がおかしかったり、そういうときはすぐに病院へ。普段通りなら、単にそこが好きなだけだと思います。

噛みつきまくりの幼鳥期

1人餌になったころから、ひどくなった噛みつき。

嘴の形状から、強く噛まれても流血することはないんですが、噛んで捻る動作をするわけです。これがまあまあ痛くて。薄皮でやられると、うっすら血が滲む程度にはなります。

鳥は手がないので、嘴を使うしかありません。噛んで確かめるわけです。もう人間はひたすら耐えるしかありません。これで怒ったら、たぶん嫌われます。嫌われたら手乗り文鳥にはなりません。葛藤ですよ。

最終的に手袋はめて解決しました。手袋がなかったら触れなかったかも。でも狙ってくるのは手だけではないんですよ。首もやられます。首にロックオンされたら、タオル巻いてやり過ごしていました。

このままずっと、噛みつき魔だったらどうしようって真剣に悩んでましたが、生後半年過ぎたあたりから、噛む頻度が減っていきました。油断してたらガブリとされていましたが、生後10か月くらいで痛い!ってつい叫ぶくらいに噛んでくることはなくなりました。

今でも甘噛みはありますし、首は甘噛みでもたまに痛いです。皮が薄いからね。でもこれはもう愛情表現の一つなので、怒らず声も立てずにやり過ごしています。

もし今、噛みつきで悩んでる飼い主様いたらご安心ください。成長で減っていきます。減るわけない!って当時は私も思っていました。

放鳥時間

こむぎは、朝6時起床の夜7時に就寝です。もう体内時計がそれで完成されているようで、飼い主が起こさずとも6時に起きますし、放鳥してても夜の7時には眠そうにします。

飼い主は、めっちゃ朝型生活なのでこむぎの生活リズムは完全に私のせいです。

6時に騒ぎはじめるので、朝の放鳥タイム。その間に、こむぎのケージの掃除や他の子たちのお水かえたりします。飼い主は7時半過ぎに家を出るので、7時までは自由に遊ばせています。

17時に仕事から帰宅して、けっこうすぐケージから出します。それから19時まで放鳥が、平日のサイクルです。

うちはわりと長い方なのかな?飼育書を読むと、1日30分ていどって書いてあるのです。30分て短くない?って思ったんですが、でも大事なのは密度なのかなって思います。ながら放鳥じゃなくて、しっかり構ってあげれば問題ないのかもしれません。

文鳥は飼い主が大好きです。朝はわりと自由に1羽ですごしてますけど、夕方はもう私にべったりの構ってちゃんです。手の中にいれろ!って要求してくるので、片手が封じられます。その間は何もできません。

案外、籠の中も好き

例えば大きな物音がした!とか、地震の時もそうですが、自分に危険が迫ると、真っ先に自ら籠に戻ります。ちゃんと安心できる安全な場所っていう認識があるんだと思います。いったん籠に戻って、そのあとで飼い主のところに飛んできます。大丈夫だったよ!って言ってくれてるみたい。

私も予定があったり、残業だったりで放鳥できないときもあるんですが、籠の中でかわいそうっていう考えをやめました。籠の中がお家なのです。籠の外は遊ぶ場所。そう考えたら、飼い主も気持ちがラクになりました。

まとめると文鳥は可愛い

小動物でここまで懐いてくれる動物は、なかなかいないのではないかと思います。全幅の信頼と愛情をくれます。

文鳥の可愛さは飼ってみて初めて解る類のものかもしれません。

投稿者

飼い主

1羽と3匹の飼い主です。 アラフォーの1人暮らし。 低収入でも幸せな暮らしを開拓する。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です